*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル


☆イギリス陸軍が進めている
新しいカモフラージュパターン

今回はイギリス陸軍が進めている
新しいカモフラージュパターンの話題です

イギリス陸軍,MCDCS,マルチカラー,カモフラージュスキーム,英軍,チャレンジャー戦車,カモフラージュパターン,迷彩,チャレンジャー2MBT,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物チャン,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,

 

イギリス陸軍によると、(MCDCS)
「マルチカラーカモフラージュスキーム」
プロジェクトは、エストニアでの部隊の経験、
王立戦車連隊の「ストリートファイター」
実験から得られた教訓、および「長い間
認識されていた必要性」の結果として開始された。

 

イギリス陸軍,MCDCS,マルチカラー,カモフラージュスキーム,英軍,チャレンジャー戦車,カモフラージュパターン,迷彩,チャレンジャー2MBT,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物チャン,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,

現代の戦場で隠れ、欺き、そして生き残る」。
陸軍は、実験は、肉眼と双眼鏡だけでなく、
さまざまな種類の感知装置を備えた陸軍の
装甲センターに拠点を置く兵士によって
実際にテストされたと述べた。

イギリス陸軍,MCDCS,マルチカラー,カモフラージュスキーム,英軍,チャレンジャー戦車,カモフラージュパターン,迷彩,チャレンジャー2MBT,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物チャン,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,


陸軍によれば、実験は、肉眼や双眼鏡だけ
でなく、さまざまな種類の感知装置を備えた
陸軍の装甲センターに拠点を置く兵士に
よって実際にテストされたという/ディフェンスニュース







イギリス陸軍,MCDCS,マルチカラー,カモフラージュスキーム,英軍,チャレンジャー戦車,カモフラージュパターン,迷彩,チャレンジャー2MBT,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物チャン,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,
このデジタルカモパターンはATDU、
防衛科学技術研究所(DSTL)などが
開発したもので 敵兵やA.Iなどからの
感知を減らすために 新たに考案された
ものです

英軍と言えば緑と黒の二色迷彩を
直ぐ思い浮かべますが こうした
新迷彩の登場もご時世といえるでしょう

画像は英陸軍のチャレンジャー2MBTに
施されたものですが かなり背景にも
マッチしているように見えます

ところでチャレンジャー2といえば
イギリスの有名番組トップギアで
レンジローバーとチャレンジャー2の
ガチンコチェイスという企画がありました

イギリス陸軍,MCDCS,マルチカラー,カモフラージュスキーム,英軍,チャレンジャー戦車,カモフラージュパターン,迷彩,チャレンジャー2MBT,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物チャン,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,

照準器に捉えられて命中判定が出ないで
ゴール地点に達すればレンジローバーの勝ちと
いうことで なかなかおもしろかったです

その時 英軍の乗員が「我々は米軍の
ように劣化ウラン弾をバラまかない」と
発言したのには さすが旧宗主国だなぁと
思わず (・∀・)ニヤニヤしましたね

 


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system