*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル


ステルス機などの先端的軍事技術を
開発してきたDARPAから またおもしろい
コンセプトのメカが発表されました


開発中のSea Train 海上列車構想

未来の海軍,SeaTrain,海上列車,先端的軍事技術,DARPA,Gibbs&Cox,UAV,無人艦隊,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,
ギブス・アンド・コックスがDARPAによって
海上列車のコンセプト開発に選ばれました

国防高等研究計画局(DARPA)はGibbs&Cox社に
コネクタレス海上列車の概念を開発および
実証するための多段階契約を結びました。

DARPAは9,450,339ドルで基本開発フェーズを
実行しました。

Gibbs&Coxは、当社の機能を活用して、
統合システム設計、ロボット制御、自律性、
および流体力学的最適化の技術を統合します。

未来の海軍,SeaTrain,海上列車,先端的軍事技術,DARPA,Gibbs&Cox,UAV,無人艦隊,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,

Gibbs&CoxのUSVの一例


ギブス・アンド・コックスによってARMADA
(Articulated Resistance Minimized 
Autonomous Deployment Asset)として
造られたこの新しい技術的アプローチは、
海上船舶の機能を再構築し、港内または
港での必要なしに中型の自律型水上艦の
長距離配備を可能にすることを目指しています

同社の声明によると、DARPAがSea Trainに
Gibbs&Coxを選択したことは、他の最近の賞
と相まって、無人水上車両(USV)業界における
G&C社の急速な台頭を示しています








DARPA海上列車プログラム

DARPAのSeaTrainプログラムは、戦術的な
無人水上艦(USV)による艦隊の長距離展開
機能を実証することを目的としています。

このプログラムは連結された船舶/Sea Trainの
システムの効率を活用することにより、
大洋横断輸送と長距離海軍作戦を
可能にすることを目指しています。

目標は、造波抵抗の低減を利用して、
中型無人水上艦(MUSV)に固有の範囲制限を
克服するアプローチを開発および実証することです。

DARPAは、船舶間でさまざまな自由度の船舶を
物理的に接続することによって形成される
海上列車、または船舶間のさまざまな距離で
共同編成で航行する船舶を想定しています。


ARMADA
(Articulated Resistance Minimized 
Autonomous Deployment Asset)
最小化された関節抵抗による自律展開の有利性


   / ̄ ̄ ̄~ヽ 何を言ってるのか
   (____ノ ハ よく解らねぇと思うが
   ||| ∥ノ///   |
   |ヘ| //へ// | 書いてる俺にも
   ∥ヽノ/u∥/ヘ よく解らねぇ・・
   ∥u| ノ /Vヘ|
  /(ト・ッ(イ・ラ ソ人
 / ( ̄||  ̄ ノ|ヾ)
 L/)、()ノu||V\
`// ∧rニ⊃ / / /ヽ
//二二Z ー′/u/ / |

中型の無人船をたくさん繋げて運用する
というおもしろい発想です
その主な理由は 造波抵抗の減少にあるようです

未来の海軍,SeaTrain,海上列車,先端的軍事技術,DARPA,Gibbs&Cox,UAV,無人艦隊,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,

造波抵抗に関しては 造波抵抗係数Cw で
扱われますがこれは

 Cw =Rw/(σSV^V/2)で表されます

ここでSは 船体の浸水表面積なので
連結した船体は このSが大きくなる
そうなると分母が大きく成るので
その結果 Rw/造波抵抗を割るCwは
小さくなるという感じですかね


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system