*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル


☆日本人飛行士による月面着陸計画や
ミサイル防衛の衛星コンステレーション計画がスタート

日本人アストロノーツが いよいよ月に向かう
計画がスタートします

日本人初の月面着陸、日米が合意 10年以内にも実現

ダウンロード (1).jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

日米両政府は10日、日本人宇宙飛行士が初の
月面着陸を行うことを盛り込んだ月探査協力に関する
共同宣言を発表した。2020年代後半にも実現すると
みられる
米国の月探査計画に参加する上で焦点だった
日本人の着陸で合意したことで、日本の有人宇宙開発は
大きく前進することになった。

ja22.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

共同宣言は、米国が国際協力で建設する月の周回基地と
月面において「日本人宇宙飛行士の活動機会を可能と
するための取り決めを策定する」と明記した。
今後は着陸時期や人数、活動内容などを詰める。

ja1.jpg

米国はアポロ計画以来、約半世紀ぶりに有人月面着陸を
行う「アルテミス計画」に基づき、24年に自国の飛行士が
着陸する。その後、日本人の着陸機会が訪れるとみられる。
これを受け宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
月に向かう飛行士の選抜を本格化する見通しだ。
関連予算の確保も課題となる。

米国は新型の有人宇宙船と大型ロケットで月に向かう
計画で、日本人もこれに相乗りする。
月の上空を周回する基地「ゲートウエー」を建設し、
ここを拠点に月面へ降り立つ構想だ。

slim_main_001.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

共同宣言では日本側の協力として、月面探査車の開発や
月面着陸機「スリム」の観測データなども活用する。

また周回基地の建設では、23年に打ち上げる小型の
居住棟に日本が電源機器などを供給。
日欧が共同開発する大型居住棟は25年に打ち上げられ、
日本は環境や生命維持用の装置、電源機器などを提供する。
物資補給機「こうのとり」の後継機の活用も検討する。

我々が子供の頃から言われていてた 月面有人基地
それが 各国の役割分担まで決められところまで
煮詰まってきました

images.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,
左/宇宙競争の有名なイラスト 右/21Cの新宇宙競争

しかも かつての米ソの宇宙競争の時には
見ていることしかできなかった日本も今度は
プレーヤーの一国として開発の一翼を
担えることはとても名誉かつ貴重な経験と
なるでしょう

JAXAの予算 過去最高額へ

2350.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

日本政府は昨年、米国の月探査計画へ参加する方針を
決定し、日本の役割について協議を続けていた。


文部科学省が来年度予算の概算要求で、JAXAの
年間予算として過去最大の約2800億円を盛り込む
米国が主導する月探査計画への参加費用が柱で、
昨年度予算の半額以上となる809億円を投じる。
米国は参加国の貢献の度合いに応じて月での活躍機会を
提供する考えで、日本政府は協力姿勢をアピールする
ことで、月面着陸の枠の確保を狙う。







JAXAによると、2003年の設立以降、当初予算と
補正予算の合算でも2千億円を超えたことはない。

更に軍事面でも弾道弾迎撃などに有効な
大規模な衛星ネットワークによる防衛網の
構築でも協力が進められます

衛星コンステレーション計画

ダウンロード.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,
防衛省は米国の新ミサイル防衛構想「衛星コンステレーション」
への参加を前提に、来年度政府予算に関連の調査研究費を
計上する計画だ。
該当事業に天文学的な費用が必要となるため、政府次元で
費用対効果や実現可能性を前もって見極める必要がある

衛星コンステレーションは宇宙低軌道に数百基の監視衛星を
打ち上げて低高度で飛んでくる敵のミサイルを探知・追跡する
衛星群を意味する。これを土台に米国は高度3万6000キロ
メートルの静止軌道で偵察活動を行う一般衛星と別に、
高度300~1000キロメートルに1000基以上の
小型衛星を投じることを構想している。

plt2008300025-p1.jpg<div></div>,日本人アストロノーツ,日本人月面着陸,JAXA,月面有人基地,宇宙開発,宇宙船,宇宙機,ミサイル防衛構想,衛星コンステレーション,弾道ミサイル探知,宇宙すごいロケット,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

具体的に、2022年までに20基の衛星を打ち上げた後
2025年までに250基の核心衛星を運用するのが目標だ

日本政府は米国と共に小型衛星配備事業に参入すれば、
中朝露の弾道ミサイル脅威に効果的に対応することが
できるとみている。
特に低高度で複雑な軌跡を描き、マッハ5以上の速度で
飛んでくる北朝鮮の核ミサイルを狙うことができるという
敵国がそれぞれ異なる場所から同時多発的に弾道ミサイル
を撃ったり、一部の衛星を破壊しても理論的に対応が可能だ。
産経など


この監視衛星 多いほど弾道ミサイルの探知能力が
上がります

当初計画の20~30基ならミッドコースの弾道弾
1000基なら 打ち上げ直後のブーストフェーズの
ミサイルまで探知でき それだけ対応の時間がとれるわけです


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system