*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

☆はやぶさ2 カプセル回収成功後 そのまま次の
拡張ミッションへ 航海はまだまだ続く


はやぶさ2が リュウグウから持ち帰った
サンプル入りのカプセルの投下 そして
回収に成功しました

まずJAXAからの公式発表を見ましょう

小惑星探査機「はやぶさ2」
再突入カプセルの回収結果について
2020年(令和2年)12月6日

小惑星探査機,はやぶさ2,再突入カプセル回収成功,拡張ミッション,JAXA,ウーメラ地区,宇宙,ロケット,飛行機,乗り物,乗り物,乗り物の話題,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,,

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」
再突入カプセルについて、カプセル本体、
ヒートシールド、パラシュートを2020年
12月6日豪州ウーメラ立入制限区域内にて回収しました。

小惑星探査機,はやぶさ2,再突入カプセル回収成功,拡張ミッション,JAXA,ウーメラ地区,宇宙,ロケット,飛行機,乗り物,乗り物,乗り物の話題,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,,

現地本部において、回収したカプセル本体から
小惑星リュウグウのサンプル由来と考えられる
ガスの採取作業を明日行う予定です。
 また、小惑星探査機「はやぶさ2」は、
カプセル分離後、12月5日15時30分から
16時30分(日本時間)にかけて、

小惑星探査機,はやぶさ2,再突入カプセル回収成功,拡張ミッション,JAXA,ウーメラ地区,宇宙,ロケット,飛行機,乗り物,乗り物,乗り物の話題,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,,
地球圏離脱軌道への遷移のための軌道変更を
3回に分けて実施し、12月5日16時31分に
完了しました。なお、探査機は正常です。

 

小惑星探査機,はやぶさ2,再突入カプセル回収成功,拡張ミッション,JAXA,ウーメラ地区,宇宙,ロケット,飛行機,乗り物,乗り物,乗り物の話題,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,,

投下されたカプセルの回収も終えており
これで はやぶさ2の最も重要なミッションは
クリアしたことになります

しかし はやぶさ2の任務はまだ終わりません
ここからはボーナスステージ 正式には
拡張ミッションに入ります

 

小惑星探査機,はやぶさ2,再突入カプセル回収成功,拡張ミッション,JAXA,ウーメラ地区,宇宙,ロケット,飛行機,乗り物,乗り物,乗り物の話題,乗り物のニュース,乗り物の話題,Fleet,グランド,,

小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に
最接近した後に目指す探査先として、
JAXAは小惑星「1998KY26」を選んだ。







地球と火星の間を回る二つの候補から、
探査機が受ける太陽の熱の影響などを
考慮して決めた。
はやぶさ2は、今年12月5日にカプセルを分離し、
翌6日に豪州の砂漠地帯に着地させる予定だ。

探査機本体はそのまま飛行を続け、地球の重力を
利用した軌道変更を2回実施し、10年程度かけて
1998KY26を目指す。
途中、別の小惑星の近くを通って観測する計画もある。
到着は2031年7月の見通し。
 

1998KY26は球状で直径約30メートル。
約10分に1回、自転している。

高速で自転する小惑星を探査するのは初の試みだ。
カメラを使い、どのような物質かなどを探る。
はやぶさ2が探査した小惑星リュウグウのように、
水や有機物に富むタイプの可能性がある。


この新目標の1998KY26はキットピーク
国立天文台で行われているスペースウォッチ
プロジェクトが発見した小惑星です

公式ページでは 既にはやぶさ2と地球の距離が
ふたたび開いていっているのがわかります

はやぶさ2の航海はまだまだ続いていきます


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system