*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル


☆日本や韓国など 
各国の最新の戦闘機用レーダを見る


今回は日本や韓国などの戦闘機用レーダや
素子に関する話題です

韓国がAESAレーダーを公開

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,
韓国防衛事業庁は、戦闘機の目と呼ばれる
「アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダー」の
国産化に成功しました。 
次世代戦闘機に搭載される「アクティブ電子走査
アレイ・レーダー」は、従来のようにアンテナを
回転させず、多数のアンテナアレイが個々に目標を
走査するため、広範囲を高い精度で、非常に短い時間で
検知できます。

防衛事業庁の関係者によりますと、今回開発された
レーダーは、戦闘機技術で先端を行くアメリカや
中国が作るレーダーとほぼ同じレベルのものだという
このレーダーのアンテナモジュールは1088個で、
アメリカのステルス戦闘機「F‐35」の1200個と
ほぼ同じレベルです。
「アクティブ電子走査アレイ・レーダー」は
難易度が非常に高いため、アメリカなど、一部の
先進国だけがコア技術を保有しています。


台湾で作られたAESAレーダー

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,
これは2017年に公開されたものなので
現在はもう少し進んだものになっているでしょう

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

 

最後に日本のレーダーの状況を少し見ます

J/APG-2レーダ

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,
J/APG-2はF-2用のAESAレーダーでAAM-4/
99式空対空誘導ミサイル運用のために
J/APG-1にアプデを施したものです

また搭載にあたってF-2の機体のほうも
レドーム等に改修が加えられています
全体に信号処理速度や探知距離が向上
したとされています







新型レーダー

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

日本は現在 新型の第五世代戦闘機を
開発する旨が発表され 事業主体も決定
しているのは周知のことと思います

そして 新型のハイパワーレーダが
搭載されることも予定されており
2018の東京国際航空宇宙展で 装備庁から 
雛形となるレーダが展示されました

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

詳細は不明ですが F-35に搭載されている
AN/APG-81を上回る性能になると思われます

ところでレーダにしろなんにしろ
電子機器は半導体の性能が全てを左右する
わけですが 日本は三菱電機やNECなど
先端とされ窒化ガリウムに強いメーカが
複数あります

しかし そのGaNすら古くなる可能性が出てきました

窒化ガリウムはもう古い?

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

京大系が立ち上げたフロスフィアという
メーカが低コストで酸化ガリウムの
結晶化に成功しています

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

この新マテリアルの酸化ガリウム /GaOは
半導体物質の性能を表すバリガー性能指数に
おいて シリコン1 窒化ガリウムが870に対して
酸化ガリウムは3444という数値を示しています

当然 次世代機にはこうした新素材が用いられ
ことが予想されるので 現用から性能を
類推する または過去のサンプル提示は
あまり意味がないかもしれないでしょう

 

おまけ記事
いま日本学術会議の存在意義や予算の
在り方が政治問題化しています

当サイトでも だいぶ前から学術会議のやり方の
問題を指摘してきました

下記は2019年の11月に書いたレーダに関する記事です

 

ミリタリーは科学という認知が不可欠

イージス,レーダー,日本のレーダー,JAPG2,窒化ガリウム,韓国,レーダ技術,AESAレーダー,Xバンドレーダー,酸化ガリウム,
科学技術,兵器,飛行機,防衛,乗り物,フリート,グランド,乗り物,戦闘機,

気象用のXバンドレーダ

ところで NECのGaNトランジスタのページには
"なお、本研究の一部は、防衛装備庁が実施する
安全保障技術研究推進制度の支援を受けて実施されました" 
という一文があります

つまり大雨などの観測に不可欠なミリ波やXバンドレーダー
に応用できるこの研究は 防衛費から一部が回されたわけです

また3.11大地震の際に発生した津波と漂流物により
大きな被害がでましたが それを減らすための
シュミレーション実験なども 防衛装備庁で行われています

その一方で無知から来る恐れなのか 平和主義ぶりたいのか
防衛関連というだけで蛇蝎の如く嫌う勢力もいます

●日本学術会議 総会で軍事研究反対の声明を報告
 研究者から浮世離れした意見も続出

●日本天文学会は、人類の安全や平和を脅かすことに
つながる研究や活動は行わないことにした
だが、若い世代からの反発もあり、同制度への応募の
可否には踏み込まなかった。

反対は自由です 全員が右ならえする必要もない
だが批判するなら 軍事のことを学んでからにしてほしいもんです
無知のまま恐れるのは 科学者としてもっとも恥ずかしい
ことではないでしょうか?


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system