*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

Miletary & Mecanix Mk.II

いよいよリチウムイオン電池搭載型潜水艦
 おうりゅう 引渡式へ

潜水艦,おうりょう,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海,

3月5日、潜水艦「おうりゅう」の引渡式・
自衛艦旗授与式が、三菱重工業株式会社
神戸造船所において行われました

「おうりゅう」は、「そうりゅう」型潜水艦の
11番艦であり、リチウムイオン電池を新たに
搭載することにより、従来型潜水艦に比べ、
水中の持続力や速力性能など大幅に向上した
潜水艦です/防衛省 海上自衛隊より

潜水艦,おうりょう,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海,
おうりゅうには 初となるリチウムイオン電池
が搭載され 水中での活動時間などがこれまでの
ものより長くなるなどの性能向上が図られます
5番艦からの予定でしたが ようやく11番艦から
実装されました

潜水艦,おうりょう,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海,

これは おうりゅうの進水式の時のブリッジです

このおうりゅうは 呉基地の第1潜水隊群の
第3潜水隊所属となります

ちょっと写真が少なめなので 12番艦の
とうりゅうの進水式の様子も載せておきます







潜水艦 とうりゅう進水【12番艦

 
最新鋭潜水艦「とうりゅう」進水 海自、
ディーゼル推進で世界最大級 

潜水艦,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海
進水する海上自衛隊の最新鋭潜水艦
「とうりゅう」の様子
海上自衛隊の最新鋭潜水艦の進水式が
川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で
開かれ「とうりゅう」と名付けられた。

潜水艦,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海
12隻の配備が計画されている主力潜水艦
「そうりゅう型」の12番艦となる。
 
今後、装備の取り付けや試験航行を経て、
2021年3月ごろの就役を予定している。
とうりゅうは基準排水量2950t、全長84m
全幅9・1mで、ディーゼル潜水艦としては
世界最大級となる。乗員数は約65人、
水中での最大速力は約20ノット。
 

潜水艦,とうりゅう,進水,海自,ディーゼル推進,リチウムイオン電池,そうりゅう型,海上自衛隊,海軍,海戦,戦艦,巡洋艦,乗り物,船,海
11番艦の「おうりゅう」に続き
リチウムイオン電池を搭載し、
従来型より潜行時間が延びた。
とうりゅうの名前は、奇岩の間を加古川の
激流が流れる兵庫県加東市の名勝「闘竜灘」
に由来し、荒々しく戦う竜を意味するという
サンケイより抜粋

そうりゅう型の12番艦として とうりゅうが
加わりました 漢字表記で闘竜 なかなか
いいネーミングです

リチウムイオン二次電池とは?

そうりゅう級潜水艦の新型リチウム電池

海自,そうりゅう級,そうりゅう,潜水艦,そうりゅう級潜水艦

正確にはリチウムイオン二次電池が
装備され さらに性能がupしました

二次電池とは繰り返し充放電ができるタイプです

LiIon電池について 特徴を挙げると 
長所は軽量、高電圧、メモリー効果が無い
(つぎ足し充電で、放電中に、一時的な
電圧降下を起こす現象)

特に高出力で単位重量での電池の容量を
表す重量エネルギー密度では鉛蓄電池を
遥かに上回る性能になっています

重量エネルギー密度比較

鉛蓄電池 9.5kg(単位に注意)  40Wh/kg

ニッケル水素 30g 100Wh/kg

リチウムイオン 44g 201Wh/kg


短所は大型化すると冷却が難しく
最悪は発火の可能性がある点と
相当に高価なことです



▲Page Top

> HOME


inserted by FC2 system