*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

☆米陸軍 ハンビーの後継となる
新型ISV/歩兵分隊車両を受領

MUTTの後継として すっかりお馴染みと
なったハンビーですが いよいよ後継車両が
配備されはじめました


米軍ミシガン州で最初の歩兵分隊車両を受領

ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,

米陸軍はゼネラルモーターズDefense LLCに
よって作られた最初のInfantry Squad Vehicle
ISV/歩兵分隊車両を受け取りました。

 

ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,

歩兵分隊車両はシボレーコロラドZR2を
ベースにして、民生用パーツを90%も
使用していますが、9人の兵士の歩兵分隊を
戦場全体にすばやく運ぶように設計されています

ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,

ベースとなったシボレーコロラドZR2

ISVはUH-60ブラックホークヘリコプターに
スリング搭載して移送できる程ほど軽量で、
CH-47チヌークの機内に十分に収まるサイズです
ディフェンスニュースより







ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,
米陸軍はGMディフェンスと2億1400万ドルの
契約を結んでおりGMDは649両を納入予定しています 
米軍は2028年までに最大2,065両を取得したい
意向のようです

搭載エンジンに関してはコロラドZR2が
6速オートマチックとの組み合わせで
2.8ℓの直4ターボディーゼルエンジンが
186hp、最大トルク369lb-ftとなってますので 
だいたいこんなもんだと思われます

ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,

またこの車両は第82空挺師団や第101空挺師団の
ように機動性が重視される部隊に優先的に
配備予定されています

このISVの他に共同軽戦術車両JLTVも
2020年に15,052両が発注されています

ハンビー後継車,InfantrySquadVehicle,新型車両,ISV,歩兵分隊車両,米陸軍,ゼネラルモーターズ,共同軽戦術車両,JLTV,戦車戦,戦車,装甲車,AFV,防衛,乗り物,乗り物の話題,Fleet,グラン,

これはAMGeneral ロッキードなどとの
競合に勝ったオシュコシュ社製の車両で
ハンビーなどよりIED/即席爆破物に対して
抗力が上がっています

 


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system