*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

Miletary & Mecanix Mk.II

☆リュウグウは太陽に焙られる位置を通過した!?
はやぶさ2の探査で判明

 

現在 リュウグウでのミッションを終え
地球への帰還の途についている はやぶさ2

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

 

そのはやぶさ2の挙げた科学的成果が
サイエンス誌に掲載されました
今回は そのJAXAから発表されたデータを
見ていきたいと思います

解ってきたリュウグウの成り立ち

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

このリュウグウの進化史という図表は
ちょっと感動的だと思います

普通は 水も空気も無くマグマや大気循環も
存在しない天体は いわゆる死の星として
出来てから変化なく 宇宙を漂っている
だけのようなイメージがあります

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

大きいのは管理者の作ったアオシマの初代はやぶさ
小さい方はF.Toysの はやぶさ2です

しかし こんな微小天体でも母天体から
別れた物質が 再結集して形作られ、しかも
その後も新たな粒子や いくつものクレータが
作られていく そんなエピソードを持っていた
というのは やはりそこまで行ってみないと
細かい点は解らないということがいえるでしょう

当初の予測とは異なる点もある

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,
分析により リュウグウ表面は中緯度では赤黒く
なっており 全体に内部が赤いクレータ層と
青いクレータ層に二分できることが判明しました

そして この赤くなった層はリュウグウ表面が
太陽の熱によって短期間のうちに加熱または
風化が起こったと考えられます







このことから、過去にリュウグウは一時的に
であれ 太陽にとても接近した軌道にあったと
考えらると発表されました

一説では水星軌道に近いという話もある
そうなんですが そうなると当初の予測とは
異なる点もでてきます

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

例えば この図はJAXAページに掲載されている
イトカワ(白色)とリュウグウ(赤色)の軌道図です

ご覧のようにリュウグウの軌道は水星どころか
金星の軌道内にすら入っていません

となると過去にどのような軌道を通ったのか?
また その運動はどのように行われたのか?
など興味深い点が どんどん沸いてきます

はやぶさ2の持ち帰るサンプルが疑問を解く鍵
のひとつとなるように願っています

おまけ記事

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

ここのところ 武漢ウィルスの影響により
ステイホームが叫ばれていますが  
そこでおすすめしたいのがJAXAページに
あるJAXA for Earthです

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

 

ここには運用されている様々な観測衛星の
データが集められていて 世界の雨量や
温室効果ガスなどの観測データから 
スーパーコンピューターでシミュレーション
された世界の天気の気象データ(NEXRA)まで 
公開されてて 我々でも見れるようになっています

リュウグウ,地球,はやぶさ2,JAXA,リュウグウの進化史,惑星探査機,JAXAforEarth,はやぶさ2,宇宙,JAXA,技術,ロケット,天文,乗り物,,

暇のある人は ちょっと覗いてみると
新たな発見があるかも 

ξ ΄◕  Д  ◕`) ρ-|log(^Θ^)| ≈ d(P) 



★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ

▲Page Top

> HOME


inserted by FC2 system