*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

Miletary & Mecanix Mk.II

☆米海軍のゴーストフリート計画 
それは無人艦艇によるドローン艦隊

今回はアメリカ海軍が計画している、Ghost Fleet計画
無人艦艇によるドローン艦隊について見ていきます

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,
Defense Newsなどの情報を総合すると米海軍は、
対潜哨戒、機雷除去、水上戦闘および監視任務などの
リスクの高い任務を実行するために、2つの新しい
無人艦艇を建造しています。


「私たちは、LUSV/大型なUSVとMUSV/中型のUSVを
将来の水上戦闘力の重要な部分と考えています。
戦闘部隊全体で共有される単一の統合戦闘システムを
開発しています」 米海軍関係者


LUSV/Large Unmanned Surface Vehicle 

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

MEKO A-100
Atlas North Americaとパコロンビアグループが
発表したLUSVコンセプトのひとつ

この新しい無人艦は指揮統制や対潜任務や
陸地への攻撃を組み合わせて行うことができます。 

 無人艦隊はこれまでに前例のない持久力を
海軍にもたらすことができます。 

 

MUSV 中型無人水上艦

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

こちらはより小回りの利く艦船ですがDARPAが
開発したシーハンター(Sea Hunter などが
雛形になると思われます
MUSVは、長さが12メートル(約39フィート)〜
50m(約164フィート)以内ものといわれています

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

これは全長40m 排水量145tで27knを出せる
無人のトリマランです

19000kmもの航行が可能で発展型は哨戒と掃海
対潜などの任務につく予定です

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

更に火力支援型という別のコンセプトモデルも
発表されています

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

またL3Harris TechnologiesはMUSVのプロトタイプの
設計と製造について、米海軍から3500万ドルの契約を
受注しています







開発の進む無人ロジスティクス

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

Unmanned Expeditionary Fast Transport
遠征高速輸送艇/T-EPF

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,

これはジョイントハイスピードベッセルと
呼ばれていた高速のトリマランを無人化する
計画です
スピアヘッドと呼ばれたこの輸送艇は全長
100m程度の船ですが 最高で43kn出せます

米海軍,ゴーストフリート,GhostFleet,無人艦艇,ドローン艦隊,LUSV,USV,MUSV,無人船,ドローン,海戦,戦艦,護衛艦,乗り物,乗り物のニュース,乗り物の話題,
またボーイングと米海軍は、無人空中給油機
MQ-25スティングレイの初飛行にも成功しています


より危険な海域で活動する無人艦隊
それで米海軍のコンセプトとしては既存の
有人艦隊をこれまでより安全な距離で航行
するかたわら こうした無人艦で編成される 
ゴースト艦隊がより敵艦体に近い位置で
敵を監視、反撃、および攻撃するという
戦略を提示しています

また日本を含めて 悩みの種となっている
乗員の不足解消にも 一役買うことでしょう



★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ

▲Page Top

> HOME


inserted by FC2 system