*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル


☆許せない】軍事否定の日本学術会議
 裏で中国の千人計画に協力か【奴がいる

軍事研究批判の音頭を取ってきた日本学術会議
人事に関して 摩擦が起きていると報道されていますが
今回は この組織と日本の学府の抱える問題に
ついて取り上げます
 
 
加藤長官は記者会見で、学術の立場から政策を
提言する行政機関「日本学術会議」の人事に
菅義偉首相の意向は反映されていないと説明した
日本学術会議の人事は同会議が推薦した学者6人の
任命を見送っている。
 
加藤氏は「任命権者である首相が日本学術会議法に
基づいて任命を行った」と語った。
 
今回の人事に関し、政府方針に異を唱える学者を
政府側が排除したのではないかとの見方がある。
加藤氏は学者の研究活動の萎縮にはつながらない
との認識を示した。/日経より引用
 
 
この日本学術会議は会員210人、更に連携会員
約2,000人を擁し 年間予算10億4,896万円/
2020年度ももらっている団体ですなんですが 
その権威をかさに着て軍事系批判を繰り返してきました
 

 

 
その影響力は大きく日本学術会議の提言に従って
京大は軍事研究をしないといいだしました
 
しかし その京大さんにも過去には 酷い実態がありました
 
最悪の軍事独裁国家北朝鮮に協力していた京大研究員
 
 
 
また これとは別件でips細胞の研究室でスパイ
騒動がおきたこともありました
 
 
まったく何がアジア平和だ 笑わせるな
 
更に 日本学術会議のご託宣 ご立派な提言にも
裏があります
 
2008年(平成20年)度の日本学術会議の
「政府・社会等に対する提言等」には3億8100万円の
予算があてられているが、2008年(平成20年)度に
日本学術会議が出した提言等の本数は69本であり、
1本あたり平均して552万円かかっている計算となる。
 
提言一本が500万以上 笑いがとまらないでしょう
その分 若手研究員にだしてやればいいと思うのは
自分だけですかねぇ? 
 
また理工系などからは批判の声も少なくありません
 
 

そんな中で日本学術会議の新たな問題点が指摘されています


日本学術会議、中国の軍事研究「千人計画」に
積極的に協力してたと判明 

学術界では、国内科学者の代表機関・日本学術会議が
1950年、「戦争を目的とする科学の研究には絶対に
従わない」とする声明をまとめ、現在も防衛装備庁の
研究助成制度への参加に反対するなど、安全保障分野
での研究や開発をタブー視している。

ところが、中国の軍事技術の発展につながる可能性
がある共同研究などについては、問題意識が乏しい。

経済安保に取り組む自民党のルール形成戦略議員連盟の
甘利明会長は、「学術会議は軍事研究につながるものは
一切させないとしながら、民間技術を軍事技術に
転用していく政策を明確に打ち出している中国と一緒に
研究するのは学問の自由だと主張し、政府は干渉する
なと言っている。

日本の技術が中国の軍事技術に使われようとしても
防ぐ手立てがないのが現状だ」と語る。
yomiuri.coより








ルール形成戦略議員連盟 国会リポート 第410号

日本学術会議は防衛省予算を使った研究開発には
参加を禁じていますが、中国の「外国人研究者
ヘッドハンティングプラン」である「千人計画」には
積極的に協力しています。

他国の研究者を高額な年俸(報道によれば生活費と
併せ年収8,000万円!)で招聘し、研究者の経験知識を
含めた研究成果を全て吐き出させるプランで
当該研究者の本国のラボまでそっくり再現させているようです。

そして研究者には千人計画への参加を厳秘にする事を
条件付けています。中国はかつての、研究の「軍民共同」
から現在の「軍民融合」へと関係を深化させています。

つまり民間学者の研究は人民解放軍の軍事研究と一体で
あると云う宣言です。

これは至極もっともな発言だと思います

ちなみに この千人計画についての記事は
過去記事に載せてます↓

 

☆アメリカでハーバード大学教授を抱き込んだスパイ事件摘発
 しかもその先にあったのはまたしても武漢だった!


ゲンダイ社会は軍事技術の賜物
そうは言っても個人の思想まではとやかく言えません
百歩譲って軍事を批判するのはけっこうでしょう
国民全員が 右へならへする必要はないです
 
しかし そこまでの志があるならば軍事技術から
スピンオフしたテクノロジーも使うことは 
やめるべきでしょう
 
以下に 具体例を挙げておきます
 
◆コンピュータ 
 
ENIAC 1943年6月に契約され計画がスタートした
極初期の計算機 このマシンの設計と製作の資金は
アメリカ陸軍が支出した
 
◆インターネット
 
ARPANET(アーパネット、Advanced Research 
Projects Agency NETworkは世界で初めて運用された
パケット通信コンピュータネットワークでインター
ネットの起源で 元々は核戦争下における指揮系統の
確保のための構想だった
 
世界初の量産型回転翼機Sikorsky R-4
 
◆高速道路/アウトバーンや固体翼機や
回転翼機などの交通関係も戦争が発展させた
ことは 子供でも知っているでしょう
 
 
◆全てのロケットはドイツのV2の何らかの
血筋に当たるので 打ち上げられた全衛星も
軍事技術の一部を使ったと言えます
てことは天気予報も見れんなぁ (・∀・)ニヤニヤ
また GPSが米軍の開発であることも周知でしょう
 
更に八木アンテナやマイクロウェーブなど
電子関連の軍事的逸話も興味が尽きません
 
むしろ軍民のバランス良い国家が理想


物理学賞や平和賞などで世界的に影響を持つ
ノーベル賞の季節ですが これを仕切っている
スウェーデンは米ともロシア/中国とも異なる
独自路線の国防体制をとっています

その現われが主力戦闘機のグリペンで
売り込みにも熱心で ブラジルなどが
購入しています

研究者らの憧れ ノーベル賞のスウェーデンも
戦闘機を売っているんです これでも軍事研究は
諸悪の根源なんですかね?  

さて反戦病の立場の研究者は自身のサイトや
ブログにこれらの技術は軍事由来なので
使用しない旨はっきりと宣言してから 
批判活動すべきだと思います
でなければ しょうもない二枚舌の偽善者と
いうことになるでしょう 早くしてください
 


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system