*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

☆F-35ステルス戦闘機の2020年度デリバリー状況
また日本の取得費用も見る

2020年度におけるF-35戦闘機のデリバリー
状況がロッキード社から発表されました

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

米国向けとそれ以外 併せて123機という
数字になっています

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

武漢ウィルスで航空や旅客業界は軒並み
打撃を受けましたが こと軍用機業界は
さほどではないようです

また注目すべきは遅れていた海軍
向けのc型も9機となっています

このように順調にF-35のデリバリーは
行われているようです

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

この2018年度のグラフと比較すれば機数の伸びは明らか

ところで日本もF35Aを63機、F35Bを42機、
計105機を2兆4700億円で調達することが
決まっていますが 日本のF-35A取得に
関する詳しいデータが会計検査院の方から
発表されていまのでちょっと見てみましょう








F-35Aに係る調達の計画及び実績
平成29年度版

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,
このグラフにはh24からh28までのF-35Aの
 FMS(Foreign Military Sales/有償援助)
による取得費用が示されています

ちょっと見ずらいのが年度ごとに
棒グラフが2本セットになってるんですが
これは左がドル建て 右が円建ての
数値です

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,
 空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,
 働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

これを見ると為替レートの変化で
機体の取得価格もかなり影響を受けて
いるのが分かります

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,
 空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,
 働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

例えばh24年度はF-35Aが一機当たり
約97億円で済んだことがわかります

一方でh28年度は157億円もかかっています
その差額は60億円近くもあります

2020年度F35戦闘機デリバリー,ロッキード社,武漢ウィルス,航空旅客業界,FMS調達,戦闘機費用,防衛費,航空自衛隊,空自,JASDF,F2,F3,F35A,ステルス戦闘機,飛行機,航空機,パイロット,乗り物,空戦,戦闘,戦闘機,,乗り物のニュース,働く乗り物,乗り物の話題,フリート,グランド,Fleet,万能論,Trafficn,news,Traffic,

専用冶工具などの費用が半分近くを占める

もうひとつの費用負担は参加した国内企業の
技術習得や専用工具や設備のための諸経費です

これも最新の技術習得のためには必要な
授業料や道具類なので 仕方ない部分でしょう

 

 


★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ




当サイトのプライバシーポリシー

▲Page Top



inserted by FC2 system