*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

Miletary & Mecanix Mk.II

☆米空軍のステルス戦略
爆撃機 B-21について

米の新型爆撃機、ノースロップ・グラマン選定 
総額9兆円超 
米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機
米戦略空軍の次世代爆撃機についてみます
名前が「B-21」(21世紀最初のボマー)になったこと
とB-2とほとんど見分けが付かない程度の想像図が
発表されたくらいで詳細はほとんど不明です

それだけ機密の塊ということなんでしょうが
それでは記事にならんので マニア視点で
少し考えてみました

この機体は元々は「LRS―B」と呼ばれていて
ノースロップ・グラマンが なんとロッキードと
ボーイング連合に競り勝って選定されたものです






ボ社等と比べれば小メーカーが選ばれるには理由
があってノースロップにはN-9Mなど40年代から
進化したYB-49などの無尾翼機の伝統があります
業界ではジャック・ノースロップの夢と言われます
因みにYB-49とB-2の全幅は52.43mとまったく同じです

次に分かっていることは 予算は一機$800 million
$1=110として 880億でこれを約80〜100機の調達
する予定となってます

新鋭艦ズムウォルトが一隻5000億といわれているので
ズム一隻分で約5機は買える計算なのでむしろ安いのかも
(もっとも最初の開発予算より膨らむのが常ですが)

ですが一機約2,000億円で20機程度しか造られなかった
B-2に比べればずいぶんリーズナブルになる予定です

この理由は後で考えを述べます

B-21は、順調なら2025年頃までには配備され
現在のB-1 B-2などと置き換えられる予定です

B-21のスペックは?
米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機
次に憶測を含めたB-21に予想される
機能について見ていきます

●B-21は有人 無人の両方に対応できる
一部には 自立型のロボットボマーという
予測もあります これはありえるでしょう

●レーザー等の高エネルギー兵器を装備している
これは恐らく対AAM用の自衛的ビーム兵器の
可能性は大だと思います

どんな形でなぜB-21はプライスダウンか?
米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機
ここが肝心だと思うんですが 大きなヒントは
同じノースロップ・グラマンが米海軍向けに
開発中のX-47 ペガサスです

米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機

栄光のXナンバーを持つこの機体は小型の
ステルス無人戦闘攻撃機なんですが 
発展型のX-47Bはかなり B-21の形に近いと
予想できます

そして価格が下がった理由もステルス技術の
発達と量産によるものの他にサイズが小型化
すると考えると納得できます
米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機
ボマーなので爆弾と燃料の搭載量から
やたらとに小型化はできませんが 
まずX-47BとB-2のサイズを比較
してみましょう

X-47B
全長: 5.95 m 全幅: 5.94 m  

B-2
全長:21.03m 全幅:52.43m

つまりX-47BはB-2の全長で約1/4 
全幅で約1/9程度だと分かります

米空軍,新型爆撃機,LRSB,B2,B21,ノースロップグラマン,ステルス,爆撃機,無人機
上からB2 B21 X47Bの同一スケール図

そこで ここからB-21の大きさを類推
してみるためにB-2のサイズを0.8倍してみると
全長17m  全幅42m という数値になります 

単なる推測ですが これくらいの機体
サイズになるのではないかと思っています
大雑把な略図も描いてみました


将来的にはB-21とB-52が支える?
このB-21が配備されることによって B-1Bランサーと
B-2スピリットが退役することになるようですが
驚くのはB-52はエンジン換装等のアプデによって
延命を続ける予定となっていることです

B-52は1955年から配備されてますから 
今年で65年目ですが この予定だと80才くらいまでは
現役となるかもしれません お達者ですね!!



★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ

▲Page Top

> HOME


inserted by FC2 system