*** Miletary & Mecanix Mk.II***
このサイトは専門的なMiletary関連の
最新記事をおもしろくてためになるを
モットーに 一般の方にも分かり易く
発信しています
ぜひご覧ください   大和タケル

Miletary & Mecanix Mk.II

☆アメリカ空軍が開発中の
新型極超音速兵器ARRWを見る

今回はアメリカで開発中のARRWについてです

AGM-183 ARRW 
Air-Launched Rapid Response Weapon

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,

現在 米空軍で開発が進められている
新型の極超音速兵器です

 

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,

エドワーズ空軍基地にあるB-52Hに搭載され
発射テストがおこなわれました

残念ながら 解っていることは断片的ですが
まとめてみました

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,

AGM-183は極超音速の滑空弾です
構造は画像で解るように 滑空弾を収めた
加速用ブースターと本体の二段式となって
います

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,







2020年2月に競合するHCSW/Hypersonic 
conventional strike weaponに優り
米空軍に選定されました

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,

この極超音速滑空弾はF-15にも搭載できますが
米空軍ではB-1Bランサーを主なプラットフォームと
する予定です

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,

AGM-183は一説では15,345 m/h  (24,695 km/h)
の速度が出るとされています
これはM20に達しますが 本当かどうかは
まだはっきりしません

ARRW,AGM183ARRW,新型極超音速兵器,UASF,極超音速滑空弾,エドワーズ空軍基地,ミサイル,新兵器,
AirLaunchedRapidResponseWeapon,航空機,パイロット,乗り物,乗り物のニュース,,
またHCSWの方も 空中発射式以外のタイプが
引き続き海軍と陸軍では開発が続けられます

いま分かっているのはこんなところです



★人気の過去記事のページ2


★人気の過去記事のページ

▲Page Top

> HOME


inserted by FC2 system